スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョーリー

時間的には回の記事よりも前の話になるのですが、

インドから欧州に帰るに当たって、
財宝地図の関係上、運河を使って帰る事にしていたので、
交易品を持ち帰れる事はできなかったんですね。

でも何かインド土産を持ち帰りたいな…と思い、
何かよさげなアイテムは無いものかと、調べてみたところ、
チョーリーという服がなかなか面白そうだったので、それを作ってみることにしました。



チョーリーを製作するには、インド民族衣装の縫製法というレシピが必要で、
これはディブの道具屋で買うことができます。


材料はこちら。


チョーリーレシピ


絹生地、ししゅう糸、金糸が必要になります。
この内、絹生地とししゅう糸は同じディブに売っている生糸から簡単に作れるのですが、
金糸を作るには、生糸に加えて砂金が必要なんですね。

この砂金、近くに売っている所はないし、どうしたものか…と思っていたところ、
なんとカイロ郊外スエズ郊外で採集できることが判明!
これ幸いということで、カイロに向かい無事金糸も製作完了。

そしてチョーリーも完成。


チョーリー完成



いや~しかし、久しぶりに服を作ってみたのですが、
以前よりだいぶ服を作るのは楽になりましたね。

共有倉庫の仕様変更で、裁縫道具などの材料も簡単に入手できるようになりましたし、
どこでも引き出せるようになったことで、完成した服の欧州への持ち帰りも楽になりました。

まぁとはいえ洋服販売を商売の主軸にするのは厳しそうですね。
どうしても単価は高く設定できないところですし…
たまにやる分には新鮮で良いんですけども。


最後にチョーリーのゲーム内画像でも。

続きを読む

スポンサーサイト

レイスコート

現状の胴体装備品では最高の攻撃力を誇る
レイスコートを生産してみました。

今回は60着でチャレンジ。


レイスコートb


で一応攻撃力最大のものもできたんですけど、防御が16しかないのがね…
これなら前に作ったこっちの方がいい気もするなぁ。


レイスコート


それはともかく、このレイスコート非常にいい性能ですよね~
なんと言っても変装度が驚異の60だし、
ガレー船に乗らなかったときは気づかなかったけど、漕船+2というのが非常にありがたい。
もちろん狙撃術ブーストに高攻撃力と陸戦装備としても優秀。

ただ、攻撃や防御に関してはエルオリエンテでより優れた装備が出そうな気がするので
正直あんまり作る気がおきなかったんですけども
まぁサブのガレー乗り用にということでね。




そしてこのレイスコートと対になる存在というか
対照的な装備であるオダリスクドレスの方も40着作ってみました。

こちらの方で一番ましなのがこれかな?

オダリスクドレス


16/42とかもできたんですけど、陸戦的にはこっちの方がよいのかな。
まいずれにしても、オダリスクドレスのほうはあんまり陸戦向きでもない気が。

オダリスクドレスでうれしいのは繊維取引+1ですね。
ベルベット織るときにあると便利。

マラッカで羽毛生産

liveイベントでサブのキャラをマラッカに連れて行ったついでに、ここで交易レベルも上げとこう。ということで
羽毛生産を試してみることにしました。



羽毛生産とは…

レシピ「織物秘伝・素材の書」を使ってニワトリまたは、アヒルから羽毛を生産して売るという交易です。

必要なのは縫製スキル1と家畜取引スキルだけと、非常にお手軽なわりに
かなり多くの交易経験値を稼げる生産交易として有名ですね。
仕組みとしては、羽毛は北欧の名産品なので、北欧から遠く離れたところで売ると多くの経験値がもらえるというわけです。

この羽毛生産交易、できる港はいろいろあるのですが、北欧から離れていれば離れてるほどよいので
中でもジャカルタやマラッカでやると効果が大きいみたいです。
今回はイベントで寄ったということもあってマラッカでやりました。

ニワトリから…

ニワトリ

レシピを使って、

羽毛レシピ


羽毛を生産!


羽毛


後は、この羽毛を売るだけなのですが
ここで注意が必要です。

それは、一度に大量に売らないということ。


なぜかというと、交易品を売却したときに得られる経験値というのは

利益経験値・名産品経験値・名産コンボボーナス経験値の3つの合計なんですね。

羽毛生産交易の場合、まとめて売ったとしても利益経験値はほとんど貰えないので、
この中の名産品経験値を意識して売ると効率がよいです。

具体的には、マラッカやジャカルタの場合 (交易レベル+50)÷1.3 個ずつ売ると一番効率がいいです。(小数点切り上げ)

なぜこの個数ごとに売ったほうがいいかというと、名産品経験値は500が上限なんですね。
で、その名産経験値がちょうど500になる個数というのがこの個数なわけです。



さて…それで実際に羽毛生産をやってみた感想なのですが…

思ったよりは経験値貰えなかった印象…作業も単調で飽きてくるし…

今回交易レベル29家畜取引スキル1からスタートして
カテ1約180枚、鶏丸焼き250個ほど使って、交易レベル33まであげたところでギブアップ><
二人目の副官が雇える40までは上げたかったのになぁ~
家畜取引は5まで上がりました。

これで時間的には1~2時間くらいだったかな?

後、カテ1と料理大量に使ってますが、これは羽毛を売ったときに貰えるお金で十分まかなえそうな感じでした。
逆に言うと、この交易で得られる利益はその程度しかないって事でもあるんですけどね…


まあ交易レベル上げるだけなら、香辛料を商会ショップから買って、交易所で売るのが最速だなぁと再認識しました。
ただ、この方法は相場がよくないと巨額の赤字が出てしまうのが難点ですが…

コマンダージュストコール

コマンダージュストコールについてはちょっと語りたい。
昔逸品を目指してたんですよ。この服のね。

今でこそ上級錬金術のおかげで、ある程度楽に元の材料であるアドミラルジュストコールが手に入りますけど
昔はカリブ海にいるイスパニア護送艦隊からの収奪で手に入れるのが主な方法だったんですね。

一応、陸戦とアカデミーの景品でも手に入るみたいです。が、
陸戦それなりにやってみたんですが、1着も取れなかったのでお勧めできないです。
アカデミーはいわずもがな。

ということで逸品のために大量に海上収奪してたわけなんですが、
出具合は海上収奪の品の中でも結構いい方だと思います。
それでも大量に取るとなるともちろん大変ですが。
サンフアン沖でやるのがいいですね。


そして、結果がこれ。


21360.jpg

元の防御が42なのでこれが最大防御品になります。
いやぁこれができた時はうれしかったなぁ~

これが自分の持ってるアイテムの中で唯一自慢できるものでしたね。心の支えだったといってもいい。
苦労を形あるものにしたというか、能力的にはノーマル品でも大して変わらないことも含めて無駄の結晶見たいな感じでね。
事実相当珍しい品だったと思います。多分。


ただ、それも今回の上級錬術でそこまでレアでは無くなりそうですね…
売った場合の価値的には、昔の状況でもとても苦労に見合うものではなかったと思うので、それはいいんですが、
作る手間という面ではかなり楽になるため、
これだけ頑張ったんだ!という苦労を形にした物という意味では価値が大きく下がるわけで…

あああ、心の支えを失った私はどうすればいいのだろう…







話は変わって、売れ行きの話。

当然この逸品を作る過程で大量のノーマル品やらができてたので
今回の上位錬金術の情報を聞いて売りさばいてたわけですが、売れ行はいいですねー
上位錬金でもそんなに大量には作れなさそうなので50Mでも十分売れるかも。

一方黄金の刀剣の売れ行はあんまりよろしくない。
25Mで売ってたんですが、25Mだとちょっと高いかな?
原価から言うとそんなに高くもないと思うんですが、確かに貴金属+1に25Mっていうのはちょっと高いですよね。

貴金属+1って言ってしまえば別になくても問題ないですしね。
そういう意味ではコマンダージュストコールの砲術+2、水平+2は他にはない性能なわけで、
売るならコマンダーの方がよさそうですね。

う~ん、資金稼ぎにコマンダーでも量産してみようかな…
ただ粘土がなぁ…こればっかりはリアル日数がたたないとどうにもならないので、
しばらくは液作り…かな。
プロフィール

ナイス

ブログを書いてる人:ナイス
ボレアスサーバーでプレイしてます

RSSリンクの表示ってなんだ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
投票
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。