スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復刻白銀飾甲冑

昔少し触れた復刻白銀飾甲冑についてせっかくなのでもう少し書いてみます。


これがね~
量産するのが案外厳しいんですよね…


まぁまず復刻白銀飾甲冑を作るためには
何はともあれ白銀飾甲冑が無いといけないんですけども。

この白銀飾甲冑の入手方法は
探索で入手するか、上級錬金術で生産するかのどちらかになります。

上級錬金術が無かったころは探索しか入手方法がありませんでしたが、
今となっては、探索よりも上級錬金術で生産するほうが圧倒的に良いと思います。

その上級錬金術で白銀飾甲冑を作る方法は
金箔飾甲冑+錬金術のつぼ+実験液4種どれでも
の組み合わせでできます。
この方法で作った白銀飾甲冑は必ず逸品なのがありがたいですね。


こうして出来上がった白銀飾甲冑を復刻白銀飾甲冑へと復刻させるわけですが
これにも2種類の方法があって、錬金術でやるか上級錬金術でやるかということになります。
この2つを比べると、基本的には錬金術でやる方がお勧めですね。


それで、錬金術から復刻白銀飾甲冑を作る場合にはいくつか手順がいります。


まずはヴェネツィアのパラケルスス氏のところで

旅人のアミュレット:材料 黒の錬金薬液(10)、羊皮紙(10)、ギリシャ女神の護符(1)

を作りさらに、さらにそこから

学者のアミュレット:材料 赤の錬金薬液(5)、エジプト女神の護符(1)、旅人のアミュレット(1)

を作る必要があります。


最後にロンドンのジョン・ディー氏のところに行き

白銀飾甲冑と学者のアミュレットと白の錬金薬液8から、
ようやく復刻白銀飾甲冑が生産できます。
この時、防御95以上の白銀飾甲冑を材料として使えば
できあがる復刻白銀飾甲冑の防御力は必ず100以上になります。


で、この材料の中の
ギリシャ女神の護符とエジプト女神の護符、
これ!これが厄介なんですよね…厄介というか
そもそもどうやって入手するのかもいまいち良く分からなかったり^^;

どちらも冒険クエの報酬か、もしくは発見物つきの地図からの獲得という方法があるみたいですが、
いずれにしても量産するのは結構面倒そうですね…

一応生産せずとも、学者のアミュレットと旅人のアミュレットは
サルベージから直接入手もできるのですが、それも当然量産には向かないですしねぇ…
ただアミュレット2種は、どちらも錬金やらない人には無用の長物ということもあって、
それなりに売りに出ていることも多いので、見かけたら買っておくのもよさそうです。

後は錬金液も合計23使うというのも、量産するときに厳しいところ。




と、量産化が厳しい厳しいと書きましたが、
正直やろうと思えば、量産はできない範囲ではないんですよね。

ただ、上にも書いたように素材に使う白銀飾甲冑を選べば、
防御100は絶対に保障されているわけでして、
そういう点からいくと、そもそも無理して量産する必要が無いんですね。

商売目的で量産といっても、
工程と材料がからいってそんなにもおいしい商売にはならなさそうですし…



だんだん書いてることが大した事じゃなくなってきた感のある所で、


終わりです。
スポンサーサイト

日本の武器の強化

前回、強化鋼の板金の量産もそこまでマゾくなさそうとか書きましたが、
やっぱり大量に作るとなるとそれなりに時間かかりそう…
だいぶ効率は良くなったんですけどね。


で、現在の強化鋼の板金約3000枚。
この3000枚というのがちょっとしたポイントでして…

それはどういうことか、という解説をする前に、
先に今回やろうとしている、日本製の武器の強化について説明していこうと思います。


まずは強化の元となる武器を作る必要があります。
そのためには、で売っている刀匠秘伝というレシピが必要になります。

刀匠秘伝


このレシピを使って、私が強化しようとしている懐剣が製作できるわけです。


懐剣レシピ


またこのレシピには、他の武器のレシピも載っていて、
その中の一部の武器も懐剣と同じように日本での強化ができるようになっています。


具体的に日本で強化できる武器を紹介をしますと、




懐剣

耐久度60
攻撃力25
防御力15
投てき術+1
防御+1
武器系統:投げナイフ


強化すれば投げナイフの中では現在最強の武器になります。
特に防御力が増えるのが大きく、単純に数値だけで見れば全武器の中でも最高のはず。
ただ、他の強化投擲武器であるカッツバルゲルやヤタガンと比べたとき、
上回っているのが防御力だけともいえるので、
その2つとの差はそこまでない気がします。




白木弓

耐久度60
攻撃力35
狙撃術+1
武器系統:弓


現状では唯一の100弓となります。
特に弓は今のところ他に高攻撃力のものが無いので、
他の武器との差が非常に大きいです。
弓を使う場合ははぜひとも作りたいところですが、
白木弓自体を作るのに、強化鋼の板金よりめんどくさい最高級毛皮が必要なのが問題。




打刀

耐久度60
攻撃力35
剣術+1
武器系統:剣


……なぜ今頃、この程度の武器を強化できるように設定したのかが最大の謎。
せめてブーストは応用剣術+1かそこらにしとくべきでしょ。
エクスカリバーはもちろん、多数ある剣系強化武器より明らかに劣っているので
わざわざ作る意味はなさそう。
材料が楽だったら、まだ存在意義もあったんだけど…




火縄銃

耐久度60
攻撃力35
狙撃術+1
武器系統:銃


この火縄銃は刀匠秘伝にはレシピが載ってないですが、
堺の道具屋から直接買うことができます。
なので元の武器を作らなくていい分、製作は一番楽なはず。
そして性能もいいですね。
ブリーチローダー式射撃銃も基本的には同じ性能ですが、
ブリーチローダー式射撃銃は商人専用なのが大きなマイナス。
銃の場合テクニック習得の条件に銃撃があるので、
銃撃が優遇にならない商人ではかなり厳しそうです。
その他部位の装備的にも軍人の方が上ですしね。





という4つの武器が日本では強化できます。
刀匠秘伝にはまだ他にも武器が載っているのですが、
それは日本の武器では無いためか、日本では強化できません。(角弓、月牙など)
今後他の地方が実装されたときに強化できるようになるのかもしれませんね。
月牙が強化できるようになったら面白そう。



さてそれで、上の4つの武器を見てもらえれば分かるんですが、
他の武器は攻撃力35なのに、
懐剣だけ攻撃力が25なんですね。(その分防御力があるんだけど)
この攻撃力10の差っていうのが、強化する際にめちゃくちゃ大きくのしかかってくるわけです。

どういうことかというと、
一般的に武器強化で攻撃力を10あげようと思うと、
ま~まず半数以上は10あげる前に壊れてしまうんですね。
これはデータから計算してもそうなります。

つまり、攻撃力の10低い武器を強化しようと思ったら、
他の武器よりも強化元になる武器を2倍以上用意しておかなければいけないわけです。
そして元の武器が2倍以上要るということは、
当然強化材料も2倍以上要ることになります。

この2倍以上ってのが、今回のように材料がきついものだとほんと辛いんですよね…
他の武器が強化鋼3000ですむ場合でも、懐剣だと6000以上いるって事になりますから。



しかし!という事は!



裏を返せば、
攻撃力が10高い武器、今回だと白木弓や火縄銃の場合だと
必要な材料が半分で済むということです!

おまけに白木弓も火縄銃も武器自体を作るのには強化鋼を使わないので、
現状ある強化鋼の板金3000枚で、おそらく攻撃力100までいけるはずなんですよね…


うむむ、これは誘惑に負けてしまいそう…
狙撃術もってないですけど、(まぁ持ってたら絶対作ってるか)
弓が魅力的なんですよね~
おまけに上にも書いたように、
その武器系統の中での突出度でも白木弓は抜群なので、
その意味でもチャレンジする意義は大きい。


これは悩むところですな~

まぁどちらにしろ、
白木弓製作に必要な最高級毛皮を作るレシピがまだ私のPFにでてないのと
強化鋼をさらに作り続けるにしても、さすがにちょっと飽きてきたので、
いったんここで中断して他のことに移ろうかな。

緑色の鉱石の採集 強化鋼の板金編

強化鋼の板金を製作するために、
ディエゴガルシア島の近辺で緑色の鉱石を採集してみました。


その中で一番効率が良さそうだったのは
紅海西岸でした。


紅海西岸


なんと採集R18で時給800個以上!!
運が良いと900超えることもありました。


ここで緑色の鉱石を採った後は、すぐ隣のジェッダで鉄鉱石を購入し、
PFに持ち込んで生産という流れになります。
PFとは若干距離離れてますが、まぁそこは仕方ないです。


強化鋼の板金レシピ


ちなみにこのPFのレシピ、以前は鉄鉱石が産出されている状態じゃないと出現しませんでしたが
ジパング以降は、鉄鉱石が産出状態ではなくても
鉄鉱石に変更できる産出品が出ていれば、レシピが出現するようになったみたいです。

●プライベートファームのレシピ表示条件を緩和

ってやつですね。
これは結構うれしい変更。


それと生産に時間取られるかも…と思ってたりしましたが、案外早く終わりますね。
まぁそれは考えてみたら明らかで、だって1回に積荷60個も消費するわけですしね。



また、他にアフリカ南東岸でも採集してみました。
こちらの方は時給300後半といった感じでしょうか。
決して悪くは無いですが、紅海西岸と比べるとだいぶ劣りますね。
効率で2倍以上の差があるわけですし…2倍の差ってことは100時間が50時間で済むってことですしね。

後PFから一番近いセイロン郊外ではまだ試してません。
でも採集テーブル見る限りではあんまり期待できなさそうなので、
多分今後もそこでは採集しなさそう。



いやそれにしても紅海西岸の採れ具合はかなり驚きでしたね。
1時間でこれぐらい採れるとなると、強化鋼の板金の量産もそこまでマゾくなさそう…?

子牛肉のグリルライム添え

実験により払底してしまった料理ストックを補充すべく、

子牛肉のグリルライム添えを生産してみました。


子牛肉のグリルライム添え


なんと一度の回復量が85という優れもの!
一度に回復できる量は大きければ大きいほど使いやすいですしねぇ。

材料もかなり集めやすい部類だと思います。


子牛肉のグリルライム添えレシピ


牛肉、木の実、ブランデーですね。

木の実はPFで産出された物を使えばいいですし、
牛肉とブランデーは投資してあれば、ボルドーで両方購入することができます。
まぁボルドーに投資して無くても、
ブランデーが他ならぬリスボンで買えるので、牛肉だけ用意すれば十分ですね。


同じ木の実を使う、塩漬け魚の木の実添えよりはさすがに製作が面倒ですが、
それでも十分に楽な部類だと思います。

作りやすさも含めてかなり優秀な料理だと思うんですけど、
バザー等でそんなに売りを見ないのは、やっぱり塩漬け魚の木の実添えがあるからなのかなぁ。
後、牛肉とブランデーの価格がちょっと高めなのも影響してるのかも。

それでも、自分用に作るには十分良い料理だと思います。

金箔飾甲冑の操作による怪しい塊生産

そこそこデータが集まったのでまとめてみます。


総実験回数4739回のうち

家具傷み 1833回
変化なし 1839回
実験成功 1067回   でした。


さらに実験成功1067回の内訳は

怪しい塊×10 691回
白銀飾甲冑  376回  でした。


この結果からいくと、
ほしい強化鋼の板金の数をxとすると
その場合に必要な実験液と錬金術のつぼの数は約3.43xで、
必要な金箔飾甲冑の数は約0.77xとなる計算になります。




さらにもう少しこの結果から考察してみますと、

まず、怪しい塊からは火トカゲ、水妖、地精、風妖の4種の刻印もそれぞれ10%の確率ででます。
しかもこのとき一度に2個出てくれるんですね。
ということは火トカゲ・水妖をとって置いて、地精・風妖の方を次に使う実験液に回すようにすれば、
それで実験液は十分足りる計算になるんですね。
さすがに地精1種類だけとかだと足りなっていきますが。

つまり、
最初にある程度実験液を用意して実験を始めれば、
その後はもう刻印を購入や生産しなくてもよいということになります。


次に、実験液を作るときに
避けて通れない採集に関して。

大雑把に計算した場合、
実験液1作るのに必要な色鉱石の数は約4個ほどになる計算になります。
そこからいくと、強化鋼の板金を1つ作るのに必要な色鉱石の数は約13.7個になります。
ちなみに、PFで生産した場合は強化鋼の板金を1つ作るのに必要な緑鉱石の数は約25個です。

一見、これだと金箔飾甲冑の実験の方がお得に見えるのですが…
これに関してはまた最後に触れることにします。





え~それで、この方法をやってみた感想ですが…

まず赤字がひどい!

金箔飾甲冑の材料の一つであるプレートアーマーを道具屋から買う費用だけでも
今回の場合300000×1067で実に300M以上もかかっています…
さらに金や鉄材もいるわけで、そこらへんを加えて考えると
強化鋼8000を目指す場合、金箔飾甲冑を作る代金だけで3.2G以上かかる計算になります…

いや、これはちょっとなぁ…
何があれって、この金額を払える払えないじゃなくて、
100懐剣にそこまでやる価値があるのかって言うことなんですよね…
正直カッツと大して変わらないわけで…う~む。


まぁそれはそれとして、他には料理が非常に大量に要るのと、
実験台もかなり消費が激しいので(この回数で4台分ぐらいだったかな?)
それは事前に多めに用意しておくとよさそうです。
ほんと料理は予想以上に使いましたね。



そして予想以上といえばかかる時間もそう。
これが一番予想外でした。

というのも採集や金の買い付けに行く時間なんかは、
やる前からある程度そこで時間とられるだろうなとは予想していたんですが、
それ以外のところでとられる時間が思いのほか大きかったです。

例えば、
色鉱石採集したとしてそこから錬金液を生産する作業、
その錬金液から実験液を生産する作業、
その時、実験液を作るのに必要な試験管等を生産しておく作業、
粘土からつぼを作る作業、
金箔飾甲冑を作る作業、等々

とにかく量が膨大なので、生産するのに思いのほか時間をとられるんですんよね。
もちろん上級錬金術自体も結構時間かかりますし。
そういうのが積み重なって、振り返ってみると馬鹿にならない時間になっていた気がします。




さて、そこで前述の実験とPF生産の比較に戻ります。
単純に比較すると、約2倍ほど実験の方が効率よさそうなのですが、
その後の作業量、かかる時間がまったく違うんですね。

もちろんPF生産のほうも生産する際に時間はかなりかかるでしょうが、
大きく時間とられるのはそこだけでしょうし、
一方実験の方は上に書いた様に、
生産工程が多いために時間が意外とかかってしまうんですね。

やってみた印象からいくと、
PF生産を2周やる間に、実験を1周できるかというと、
かなりきわどいような気がします。
実験の方が早いにしても、そこまで大きな差はつかないはず…


つまり最初にPF生産で必要な緑の鉱石数を見積もった時に
その多さから、これだと効率悪すぎじゃないかと思って
ちょっと敬遠気味にしていたのですが、
実験の方も
実験の成功率が悪いがために、相当数の色鉱石が必要なんですね。

これだと実験とPF生産の
時間効率はもしかしたら大差ないのかもしれません。


そこで改めて実験とPF生産の特徴について考えてみますと、


PF生産の方の利点

・道具枠をあけなくていい
・お金がほとんどかからない
・用意するのは料理ぐらい



一方、実験の方の唯一にして相当なメリットが

・副産物として大量の刻印が手に入る


といった感じですかね。





と、いろいろいいつつも、
実はまだPF生産の方は本格的にやっていないんですよね^^;

まぁ丁度用意してあった実験液も尽きたところなので
この後しばらくはPF生産を試してみることにしようかな。
プロフィール

ナイス

ブログを書いてる人:ナイス
ボレアスサーバーでプレイしてます

RSSリンクの表示ってなんだ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
投票
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。