スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錬成鉄板の生産

大砲以外にもいろいろと船部品が足りなくなってたのでBCは切り上げて、

錬成鉄板を作ってみました。

組み合わせは加工鉄材+錬金術のつぼ+ウェントゥスの還元液です。
加工鉄材が大量に要るのでロンドンやアムステルダムが本拠地だと楽です。

今回はつぼと液400ずつ用意してやってみました。

通常成功が248回

家具傷みが142回

大成功が10回という結果になりました。
なので加工鉄材は258枚消費したことになりますね。

液に対する成功率は2.5%。


そして、これが性能

錬成鉄板

装甲+14、航行速度-13と装甲値重視の装甲版としては最高の性能です。


ま~元の材料が加工鉄材と生産が容易な事もあって、そこまで作りにくいって印象でもないですね。
ただ問題は商売になるのかどうかということでして。


まずはおおざっぱに原価計算。

加工鉄材が…単価100kとしても相当安めだと思うけど、大量に作ることを考えて50kとして計算。
つぼは10~20kってとこなのかな?
ウェントゥスが難しいところ。風妖の作りやすさを考えると300~400kほどかなぁ。

加工鉄材250枚、つぼ・ウェントゥスを400ずつ使った場合の合計は150Mあたりでしょうか。
それで錬成鉄板が10枚前後出来るのならば、1枚あたりでは15Mぐらいになりますね。






で、こんなことは何の意味もないわけでして



バザーやってて思ったんですけど、

買う側からしたら原価がいくらだとか製作が面倒だとか
そんなことは全然知った事じゃないんですよね。

まぁ原価割れで商品売るって人はなかなかいないでしょうから
原価が商品の値段を決める重要な要素であることは間違いないんですけども、
だからといって性能に見合わない値段だとそれは誰も買わないわけで…


あれなんですよ。バザーって自分で価格を決めて出品できるじゃないですか。
だから自分がその商品の価値的なものまで決められると思ってしまいがちなのですが…

それはちょっと…違うと思うんですよね。
まぁそうなる場合もあるでしょうけど、

基本的にはその商品の価値つまり値段は、自分以外の全DOLユーザーが決めることなんですよね。



と、そういうことを思ったわけなので
錬成鉄板に限らずバザー全般において
私はもう値段設定は流れに任せてます。

ぼったくりだろうが儲けがほとんどなかろうが
ある程度売れ行きのいい値段があればそこで売る。
そういう感じです。

もちろん儲けが少なかったら、次売ることはあまりない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイス

ブログを書いてる人:ナイス
ボレアスサーバーでプレイしてます

RSSリンクの表示ってなんだ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
投票
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。