スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型クリッパー強化に再挑戦

アップデートでようやくフリースタイル造船で
強化した値がいつの間にか低下するという不具合が修正されたという事なので
さっそく一から大型クリッパーの造船をしてみました。



ところがいきなり問題がっ!


598.jpg

造船スキルを使って造船すると、
画像左上にある最大容量って言うのを変更できるようになるんですね。
それでまぁ画像の説明の通りなんですが、減らすと旋回が上がったり加速がよくなるわけです。

なので移動用の大型クリッパーは当然容量を最小にするのが基本となります。


ただ、以前は造船R18なら±18%の範囲までしか容量を変更できなかったのが、
造船の仕様変更でペナルティがつきますが、さらに±5%まで容量変更できるようになったんですね。

このペナルティってのは画像にもありますが、帆数値や対波にマイナスの影響が出て、
マイナスの数値は元の造船ランクから離れれば離れるほど大きくなります。


ということで、さすがに帆数値にペナルティが掛かるのは痛すぎるので
普通はペナルティが出ない範囲で最大減量するのがいいと思います。
実際、減量で加速がよくなるといっても
-18%と-23%でそこまで違いは出ないと思いますしね。



なのですが!
この大型クリッパーの基本旋回性能は9で、
最大容量を598以下にした時に旋回が10になるんですね。
で、以前の造船システムだとたぶんR18でもこの598まで容量を減らせたはずなんですよ。
なぜなら今まで乗ってた大型クリッパーの旋回が10なので。

ところが画像にあるようにエルオリエンテ以降は、
どうも計算式が微妙に変わったのか、598だとR18の範囲を超えるみたいなんですよね…


つまり旋回10にしようとするとペナルティがついてしまうということで
これでいきなり悩んだわけなんですが
まぁ-5程度ならって事で、結局帆数値ペナルティが-5になる限界の最大容量592で造船することにしました。



さてそれで次は、いよいよフリースタイル造船の根幹である素材組み合わせです。
新造1回目の素材組み合わせはこれ。

1回目


大スクウェアセイル+改良大型砲門+防汚塗装+汎用大型減揺水槽です。

まぁ急加速は当然ほしいってのと、今回は対波を少し重視してみようということで
この組み合わせにしてみました。

結果、急加速は無事1回目で付きました。


2回目は大ラティーンセイル+改良大型砲門+大マスト+汎用大型減揺水槽、
3回目は大スクウェアセイル+改良大型砲門+大マスト+大マストにしました。


そして最終的に強化値はこのようになりました。


新大クリ

耐久が+50
縦帆が+100
横帆が+140(限界が+110なので多分+110まで)
対波が+2
砲室が+22

という結果でした。


オプションスキルは急加速のみ。
ほんとは耐風マストか耐波装甲をつけたかったんですが
この二つどちらもどういう材料でつくのかさっぱり予想できなかったので、
とりあえずは基本性能重視で組んでみました。
他のオプションスキルで特につけたいものもなかったのでね。


で後、何で砲門こんなに増やしたのかって言うと
砲門増えた分を改造で減らせれば、
その分倉庫が増えてお得になるかなぁと思って試しにやってみたのですが、
実際は強化で増えた分は改造で減らせませんでした。
ですので、移動用や交易用の場合は、強化のときに砲門は選ばなくていいということになりますね。
わざわざ部品つけて砲門増やす理由もないですし、
これもわずかな差だと思いますが、砲門増えたことによって容量が増えて微妙に遅くなるはずなので。


まー帆数値両方とも最大ではないけれども
しばらくは移動用はこれで十分かな。
造船R16になった時にでもまた改めて作りましょうかね。



う~んしかし造船16かぁ。
一通り新要素はやった感じなので、そろそろ造船上げに入ろうかな…

ほんとはもう一つやりたいことあるんですけど、それやり始めるとかなり時間かかりそうなのと
フリースタイル造船も結構面白そうなので、早めに16にしたいところ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイス

ブログを書いてる人:ナイス
ボレアスサーバーでプレイしてます

RSSリンクの表示ってなんだ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
投票
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。