スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドミラルジュストコール量産化を画策してみるの巻

現状明らかになっている範囲で、
上位錬金術で作れる物の中で一番価値があるのは
アドミラルジュストコールでしょう。やはり。
しかしまさかこれが作れるとはね~


アドミラル

レシピはアデプトローブと全く一緒です。
逸品ではないのを見ても分かる通り、通常成功扱いの品ですね。
ですので逸品はできない様になってると思います。

元の服44着からアドミラルジュストコール5着生産できました。
思ったよりも出来ないんですね~量産化はそれなりに大変そう…?

他には黄金の刀剣の時と比較して、明らかに失敗で家具が痛むこと(器具、薬だけ消費)が多かったです。
ログ見てみると96回家具痛みがありました。
つまり服の3倍以上器具と実験薬を用意しないといけないわけで、特につぼをそろえるのは大変そうですね…

後、アデプトローブは1個もできなかったのですが、これはいろんな意味でどうでもいいですね。



で、原価を大雑把にに計算してみると
元の服10から1着できるとすると
元の服10着作るのにベルベットが200に、ししゅう糸が150と高級染料が30。合計15Mくらいかな?
実験薬30いるとして1つ当たり500kとすると、これも15M。
器具のつぼは…これは粘土いるのでとりあえず時価としときましょうか。

つまり1着当たり30M以上かかることになります。

これまた思ったより高いんですねぇ…
まぁ実験薬は言わずもがなで、器具にも粘土がいる。
おまけに材料もししゅう糸に高級染料と厄介なものが必要なので、これくらいは確かにかかりそうかな…
もちろん成功率に相当左右されるわけで、44回ではあまり確かなことは言えなさそうですね。


う~ん、とはいえアドミラルジュストコールが生産できると聞いて
手持ちのコマンダージュストコールを30~40Mあたりで売っぱらったのは、
流石にちょっともったいなかったかなぁ。


それで、なぜこのアドミラルジュストコールが価値があるのかというと
上でちょっと触れましたが、この服を元にしてコマンダージュストコールパイレーツジュストコールという
2種類の強力な海事用の服が作れるからなのです。

この2つの服についてはちょっとした思い出もあるので
また次回に書きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイス

ブログを書いてる人:ナイス
ボレアスサーバーでプレイしてます

RSSリンクの表示ってなんだ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
投票
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。